HOME >> ダンボールカテゴリ >> ペットダンボール活用法

ペットダンボール活用法

ペットダンボール活用法

長い間、イヌもねこもペットとして飼われています。

その中でも、ダンボールに入っているのが目に付くのは、猫の方の様な気がします。

ネコはダンボールが大好きです。

ダンボールを部屋の中に置いておこうものなら、気づけばネコの部屋になっています。

ねこは植物性の物を好み、敏感なようです。

木を原料とするダンボールは波上の構造に空気の層を持ち、保温性にすぐれ、適度に湿気を吸収し、 ねこにとっては快適な空間となります。

断面は爪がよく引っかかり、爪をとげばバリバリとごみを撒き散らしながらストレス解消。

ネコがダンボールの中で寝る事がありますが、よほどの仲好でもない限り一緒に寝る事はあまりありません。

猫が単独で生活をする事も考えるとそうかと思ってしまいます。

そこで、ねこダンボールを作る時は、あなたの家にいる猫の全てが入れてるように、ダンボールアパートハウスが必要になります。

作り方は簡単です。

普通のダンボールはしばらく使っているうちに型崩れしてきます。

そこで、強度を増す為に、ダンボールにダンボールを張り付けます。

この貼り付けの時に注意してほしい事があります。

ダンボールの目を、縦、横、と互い違いにすることで強度が上がります。

普通のサイズの猫なら2層にすればOKだと思います。

猫の入れる大きさに穴を開け、その箱を飼っている数だけを縦横に張り付け強大なアパートにしてあげます。

暑い時は、段ボールの天井部分を開けて涼しくできます。

寒くなれば、屋根を閉めて箱の中にお湯を入れたびんをタオルや手ぬぐいで包んで挙げれば、湯たんぽの出来あがりです。

ダンボールハウスの上から毛布をかぶせてるともっとポカポカになります。

専用の猫ハウスもあるようです。

猫にやさしいのはもちろん、環境にもやさしい自然素材を選択。

接着剤にも気をくばり、デンプンから作られた糊だけを使用しています。

通常使用される布やフェルトの素材のハウスでは空気や湿気がこもり、雑菌の繁殖や匂いなどが心配。

段ボールで作られた猫ハウスは大丈夫ですし、そのままで、爪研ぎにもなってしまいます。

以前話題になっていましたネコなべならぬ、ねこハウスは、ネコが大好きな1つです。


生活の一部だダンボールは情報収集にお役立てください。

ダンボールはあなたの生活にたくさん使われています。今や生活の一部ですね!