HOME >> ダンボールカテゴリ >> ダンボールでガーデニング ~堆肥を使う

ダンボールでガーデニング ~堆肥を使う

ダンボールはものを運んだり、包んだりするだけではなく、保存箱としても活躍してくれます。

本や衣類などをしまっておくのも良いのですが、生ゴミや剪定枝などを入れておき、堆肥を作れば庭でも重宝します。

堆肥は園芸店で購入してもさほど高価なものではないし、生ゴミも普通に暮らしている状態であれば特に処分に困ることはありません。

しかしガーデニングを初めた人が最もとまどうのは、花の終わったあとの花がら、雑草、刈った芝生、剪定枝といった、庭から出る自然のゴミの処分です。

広い庭ならば穴を掘って埋めておけばよいのですが、それほどのスペースがなかったり、マンションのベランダガーデニングの場合などは燃えるゴミに出さなくてはいけない場合もあります。

ゴミとはいえ、肥料と日光と水で育て上げた植物をムダに燃やすのに疑問を感じるのは当然のことでしょう。

このような時には場所もとらず、手軽に始められるダンボールコンポストを是非オススメしておきたいところです。


生活の一部だダンボールは情報収集にお役立てください。

ダンボールはあなたの生活にたくさん使われています。今や生活の一部ですね!