HOME >> ダンボールカテゴリ >> ダンボールの種類 1

ダンボールの種類 1

ダンボールはその用途に合わせて、製造過程で強度を調整することができます。

ダンボールは一枚のシートにフルートと呼ばれる波上に加工された中芯を貼り付けて作りますが、このシートとフルートの段をいくつ使っているかで種類が分けられています。

ライナー一枚にフルート一つが貼り付けられており、フルートのなみなみが片面にむき出しになっていれば片面ダンボールと呼ばれます。

これにもう一枚シートを貼り付けて、サンドイッチ状にフルートを挟んでいれば、一般的なダンボール箱でおなじみの両面ダンボールとなります。

さらに複両面ダンボールはこの両面ダンボールと片面ダンボールを貼り合わせて作ります。

さらに強度が必要な場合にはもう一度片面ダンボールを加えて複両面ダンボールとなります。

さらにフルートとライナーを合わせた厚みによって、A,B,Cの段として区別もされています。

一番薄いのがC段で、一番厚いのがA段となり、その差は約1センチとなっています。


生活の一部だダンボールは情報収集にお役立てください。

ダンボールはあなたの生活にたくさん使われています。今や生活の一部ですね!