HOME >> ダンボールカテゴリ >> 資源を大切に

資源を大切に

ダンボールはリサイクルがしやすいという大きなメリットを持っています。

リサイクルしやすいというのは、リサイクル率が100パーセントに近いと言われるダンボールにおいては、同じ資源を何度でも使い回すことができる、という意味でもあります。

そうなると、私たちが利用したダンボールを回収に出す際のちょっとした配慮もとても大きな意味を持つことになります。

例えばガムテープや宛名状のような、ダンボールとは違う種類の紙や、雑誌類などの他の古紙とごっちゃにして回収に出してしまうと、製紙工場にて再度ダンボールの原紙を作る際、品質の劣化に繋がってしまうのです。

製紙工場ではもちろん品質維持のため、原料の仕分けを行っていますが、それを難しくしてしまえば余計なエネルギーが必要になり、せっかくのダンボールのリサイクルの意味が半減してしまいます。

廃品回収にダンボールを出す際にはきちんと仕分けをして、さらに運搬中の荷崩れを防ぐためにしっかりとひもでくくるなどの手間を惜しまないようにしましょう。


生活の一部だダンボールは情報収集にお役立てください。

ダンボールはあなたの生活にたくさん使われています。今や生活の一部ですね!