HOME >> ダンボールカテゴリ >> 梱包のポイント

梱包のポイント

引っ越し作業の肝といえば、やはり荷造りなのではないでしょうか。確かに業者の手配や物件探し、掛かる費用に挨拶回りなど、引っ越しには面倒な事が盛り沢山です。しかし多くの人が引っ越しで最も面倒だと感じる作業は荷造りだといいます。また、荷造りは出ていく時だけではなく、運搬時、新居での対応も考えた上での梱包が最も良いとされていますね。そこで面倒で仕方がない荷造りのポイントをいくつか挙げてみましょう。

1・ダンボールの組み立て
ダンボールの組み立ては実は結構重要なポイントです。何故ならメインに物を詰める物なわけですから、甘い組み立てをしてはすっぽ抜けてしまう可能性があります。その際、本などであれば問題無いのでしょうが、これが食器などの割れ物であったりしたら目も当てられません。組み立てる際には、きっちりと十字、もしくは三重にガムテープで止めるのがよいでしょう。

2・詰める順番と詰め方
基本的に詰めるのはいらない物、使用しない物からになります。手軽に整理出来る物ではないということですね。また、この際に押さえておきたいポイントは、今の家でいらない物であっても、新居ではどうかという考え方になります。中には案外有用な物もあったりするので、安易に詰めて所在が分からなくなってしまわないようにしたいところです。また、詰めた箱には必ずマジックなどで内容物を記載しておくと良いでしょう。色違いのマジックを使用することによって各部屋への仕分けも分かりやすくなります。小さなものに関しては、そのまま箱へ放り込むのではなく、ビニールなどに入れてから詰めると紛失防止になります。

3・重さで箱を変える
個人の所有物で重いものといえば、代表格で本が挙げられます。加えて、最初に梱包にはいるのも服に並んで本が多いのではないでしょうか。そうした中で、つい服などと同じ要領で大きめの箱に重たい本を入れてしまうと、後々イタイ目を見ます。基本的に重いものは小さい箱、軽い物は大きい箱に詰めるのが梱包の鉄則です。それは持ち運びの利便性もあるのですが、何よりあまりにも重たい荷物を1つの箱に詰めてしまうと、箱側がしっかりしていない限り崩壊の恐れがあるからです。これが運搬中に発生した場合は怪我の元ともなってしまう為気を付けましょう。

梱包のやり方1つで当日の動きなどが随分と変わってきます。その為、引っ越しでは梱包方法も意識する必要がありますね。また、大きさや重要度によっては、先行して新居に運び入れてしまうと、後々の作業がスムーズになります。


生活の一部だダンボールは情報収集にお役立てください。

ダンボールはあなたの生活にたくさん使われています。今や生活の一部ですね!