HOME >> ダンボールカテゴリ >> 機能性ダンボール≪その他≫

機能性ダンボール≪その他≫

機能性ダンボールには他にも、"耐油ダンボール"、"剥離ダンボール"、"防錆ダンボール"、"導電ダンボール"などいろいろなものがあります。

まず1つ目の"耐油ダンボール"は、ドーナツやクロワッサン、パイといった生地に油脂が多く含まれている商品や、バターやマーガリンといった油脂製品のパッケージに利用されているもので、内側のライナーには耐油剤を塗った白板紙が使われて油がにじみ出ないような構造になっています。

2つ目の"剥離ダンボール"は、ライナーの上に塗料を塗り、さらにその上にシリコーンを塗って剥離層をつくったもので、組み立ててゴキブリを捕獲する製品にも使われていますが、一般のダンボール同様にリサイクルが可能です。

3つ目の"防錆ダンボール"は、ライナーの上に防錆剤を塗った防錆ライナーを片面に貼ったもので、鉄製の電子部品や自動車部品など輸送途中に錆が発生しては困るものの梱包に使います。

錆が発生すると美観が損なわれるだけでなく、思わぬ事故の原因にもなると言われていますが、このような錆の発生を防ぐには大気中の酸素と金属との接触を遮断することです。

"防錆ダンボール"は、塗布された防錆剤が気化して金属表面を覆うことによって錆の発生から金属を守ることができます。

4つ目の"導電ダンボール"は、導電剤を塗ったダンボール原紙をライナーの片面に貼りつけたもので、帯電防止効果があるために静電気の発生を防止することができます。

私たちにとって静電気はパチパチッ!という音を不快に感じる程度ですみますが、半導体や電子部品に発生すると機能が破壊されることもあるために、揺れを伴う輸送には"導電ダンボール"などを使用してその被害を未然に防ぐ必要があります。


生活の一部だダンボールは情報収集にお役立てください。

ダンボールはあなたの生活にたくさん使われています。今や生活の一部ですね!