HOME >> ダンボールカテゴリ >> ダンボールに関する裏ワザ≪1≫(

ダンボールに関する裏ワザ≪1≫(

ダンボールの回収の殆どは、これまでは各自治体によって行われていましたが、最近ではわずかでもお金に換金できることもあって自治会や町内会、子供会、マンションの管理組合などによる集団回収を行うところも増えてきました。

けれども、1カ月に数回とその数も限られているために排出日には結構たまっていることもあり、しっかり縛っておいたつもりなのに、ごみ置き場に着くまでにせっかくまとめたダンボールの紐がすっかりゆるんでしまうこともありますね。

そこでここでは、たくさんのダンボールを簡単にしっかりと縛る方法をご紹介しましょう。

まず紐を"4"の字にし、水平の部分の紐が垂直の部分の紐の上にくるようにして垂直の部分の紐をやや長めにしておきます。

(書き順と同じで、1画目が斜めの部分、2画目が水平の部分、3画目が垂直の部分になります。)

その数字の紐の上に重ねたダンボールを縦向きに載せ、紐の斜めの部分をダンボールの左角にひっかけ、次に紐の水平の部分の先をその下から通して垂直に垂らし紐の垂直の部分と合わせてしっかり縛ります。

この方法だとひっくり返す必要もなく、大きさの違うダンボールでもきれいにまとめることができますし、前もって縛っておいても簡単に緩めることができるので後でダンボールを追加するのも簡単です。

新聞や雑誌などを縛るのにも応用できますので、是非やってみてください。

また、ビニール紐はリサイクルできないので回収後に紐をとく手間がかかりますが、紙紐であればまるごとリサイクルできるので古紙回収率も20~30%高まると言われています。


生活の一部だダンボールは情報収集にお役立てください。

ダンボールはあなたの生活にたくさん使われています。今や生活の一部ですね!