HOME >> ダンボールカテゴリ >> ダンボールに関する裏ワザ≪4≫

ダンボールに関する裏ワザ≪4≫

白いダンボールの"白"という色には、他にも隠れた力があります。

それは、"ものを実際よりも軽く感じさせる"という力です。

以前あるテレビ番組でやっていたのですが、同じ重さの箱で、外観の色が黒いものと白いものとを用意して出演者たちに持ってもらいどちらが軽いかを聞いたら、全員が白い箱の方が軽いと言っていました。

また砲丸投げの選手に、同じ重さの黒い玉と白い球とを用意して投げてもらうと、10回中すべて白い球の飛距離の方が長かったり、ある高校のウェイトリフティング部の選手たちに白いバーベルに挑戦してもらうと5人中4人が自己ベストを更新することができたという実験結果も報告されていました。

これらは視覚で白と認識することによって脳が無意識に軽いと判断し、選手たちの筋力が自然に高まったと考えられますが、実際に色の重量感というのは色相には関係なく明度が低くて位色ほど重く、明度が高くて明るい色ほど軽く感じられ、その両極端である黒と白とでは、白の方が黒よりも約2倍軽く感じるようです。

この結果は、実際に釣り具のロッドに応用されて飛距離を伸ばすのにも利用されたり、サッカーなどのプロ選手のスパイクなどにも利用されています。

またこの事実は、ダンボールの運搬が作業内容の殆どを占める運送業者や引越業者にとっても大いに意味のあるもので、作業員がダンボールを実際の重さより軽く感じることで疲れも半減して作業効率が高まり、それが営業利益にもつながっていくと考えられています。


生活の一部だダンボールは情報収集にお役立てください。

ダンボールはあなたの生活にたくさん使われています。今や生活の一部ですね!